堺市西区・高石市のZERO-ONE > 株式会社ZERO-ONEのブログ記事一覧 > インスペクションの使い方

インスペクションの使い方

≪ 前へ|休日!   記事一覧   少し日が長くなってきましたね!|次へ ≫
カテゴリ:不動産のつぼ
先日も当社でインスペクションをして中古住宅を

安心して購入して頂く機会がありました。

ありがとうございます。

さてこのインスペクションのツボについて今日は少し。

インスペクション(中古住宅の瑕疵を見える化)しましょう!!

ってことなんです。

そうすれば買主さんの不安も軽減されるでしょう!!だから

どんどん利用してくださいね!!って感じ。

政策もそんなイメージですかね。

中古住宅の流通が必要な時代ですからね。

でもこれがなかなか本格的に利用されない!!

「なぜでしょうか??」

わかる方います??

これは買主側のメリットです。

中古住宅を検査して完璧です!!なんて結果はほとんどありません。

詳細な検査になればなるほどです。

建築の年代によっても建築基準法が違いますし、

正直、適当な時代もあったわけで。

買う側はできるだけ詳細な結果がほしい!

でも売る側は!?

床の下にごそごそ、小屋裏へごそごそ、設備をいじられ、
(悪いように書きすぎかもしれませんが)
挙句の果てに「この家はここが、あそこが、悪いです」と報告書に

書かれる!さらには「こことあそこは補修した方がいいでしょう!」

悪いところが見えてくればそのまま住みたくないのが心情です。

その補修リフォーム費用が2万円~10万円程度の小額なものならよし、

少額でなければどうしますか!?

80万円、100万円、・・・・・。

プラス思考の方なら

「先に悪いところが見つかってよかったね!!」

マイナス思考の方なら

「ちょっと購入をひかえようか・・・」

日本人のほとんどが、

また大きなお買い物をしようとする人のほとんどが

どっち側になるでしょう!?

売主様は自分たちがいままで住んできたお家を

いじられるだけいじられて、文句付けられて、買いませんって

言われるわけです。

さらにはこのインスペクションで悪い個所を知った以上は

次の方に黙って売るわけにはいかない!!

事実不告知ということになる。

何もせずに、普通の仲介のように現状有姿で販売すれば

すーーーーと流れたものを!!

というのがインスペクションの悪い面です。

何となくわかりますかね。

だからこのインスペクションは

中古住宅の売主さんが積極的に使う必要があるように

もっていくことが大切なような気がします。

報告内容が悪くても、良くても、もう間もなく、

インスペクションの報告書がない中古住宅は

検討する余地もない!!時代が来るのかもしれません。

重要事項説明書にもこのインスペクションをしたか

していないかの記載が必要になっているのは事実ですから。

当社の宣伝!!

インスペクションはすでに商品化しております。

買主様も売主様もそうでない自分たちのお家の状態を

知りたい方もお気軽にご利用ください。

詳細は担当営業までご連絡くださいね。

≪ 前へ|休日!   記事一覧   少し日が長くなってきましたね!|次へ ≫

トップへ戻る