堺市西区・高石市のZERO-ONE > 株式会社ZERO-ONEのブログ記事一覧 > インスペクションってなんですか?

インスペクションってなんですか?

≪ 前へ|強烈に冬!!   記事一覧   早いものです。|次へ ≫
カテゴリ:不動産のつぼ
先日、中古住宅を検討中のお客様からご質問頂きました。

私の先輩がインスペクションされた住宅を購入したらしいのです。

中古住宅でも安心して購入できたというのですが

私たちには意味がわからないので教えていただけないでしょうか?

とのことでした。

「インスペクション」、不動産業界ではよく聞かれる言葉になりました。

最近の新築住宅は地盤保証から建物10年保証まで安全対策が

これでもか!!っていうくらい法律で安全性を確保されています。

新築を購入するにあたっては欠陥住宅などほぼ心配は無くなりましたね。

しかし、中古住宅の場合はどうでしょうか?

売主が個人の方の場合が多いですね。

その中古住宅の所有者が現在のお家の躯体や基礎の状態、シロアリ被害など

目に見えない箇所がどうなっているかなんて知ることもないでしょう。

ですから現状有姿でのお引渡しが当たり前になっています。

引渡した後のことは買主さんのほうでお願いしますね。

ということなんですね。

買主さんはどうでしょうか?

お家の見学をしたときに基礎の下にもぐって這いずりまわったり、

屋根裏を覗いて金物や梁を見たりする人はほとんどいないでしょう。

中古住宅の場合、品質の基準は買主様の「見た目」や「感じ」でしかない

のが現状ではないでしょうか。

引き渡し後、何もなければそれでいいお話です。

そのまま時間は過ぎ去っていきます。

でも、たまに大きなトラブルになることがあります。

その時はわからなかった隠れたお家の傷、瑕疵について

裁判になったり、損害賠償請求されたりトラブルになると大きい問題です。

そうなることをできるだけなくすためにどうするか!!

中古住宅のしっかりした検査と査定を第三者の専門家にして頂いて、

本当の家の価値と性能を知ろうというのが「インスペクション」です。

売買する前に、建物の劣化、設備機器、建物の性能、シロアリ被害など

専門家がチェックし、瑕疵をできるだけ「見える化」して、

買主はそのお家の品質がある程度見えることで安心して購入でき、

売主は大きな損害賠償などのリスクを回避できるという仕組みなんです。

いい制度です。活用してトラブルを回避すべきではあります。

こういう制度は少しづつですが浸透しつつあります。

まだまだ問題点は多いのが現状ですが・・・。

この問題点は後日また。

こういう制度があることを知っていることも大切ですね。

当社ではいち早くこの「インスペクション」の制度を取り入れ

商品化しております。

戸建住宅で4商品!!マンションの1商品!!

合計5つの商品がございます。

インスペクションについてご不明な点などあればお気軽に

ZERO-ONEまでお問合せくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
            株式会社ZERO-ONE
┼     担当 平松
┼┼     TEL: 072-261-0101
┼┼┼    MAIL: shop@z-one.co.jp
┼┼┼┼   URL: http://www.z-one.co.jp/
┼┼┼┼┼ 
┷┷┷┷┷┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ~いい家選ぶ、ZERO-ONEです~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




































≪ 前へ|強烈に冬!!   記事一覧   早いものです。|次へ ≫

トップへ戻る